2015年04月10日

「定季」演奏会



先週のどよび

本田聖嗣定季演奏会 2015年春「海峡と大洋を挟んで!」

こんなタイトルだったんだ!
そいえばチケットもプログラム(紙)もなかったので
コンサートタイトルが印象に残っていなかったのでした。

放送でさんざん焦らされた
「セイジホンダ◯◯◯」は
チロルチョコでした。

KIMG1073.JPG


メンバーズカード持ってるひとは2つもらえたよ。
(3つ写ってますが、ひとつはむうちゃんのです)
まだ食べていません。
冷蔵庫にいれてます。
ミルク味のパッケージです。

火曜の放送ではほんださんが
「私は自分の顔が印刷されたチョコレートは欲しくありませんが!」と
言っていましたけれど、たぶん、お母様とか、ご家族みなさんは
喜んでいたんじゃないかなあ〜〜!

今気づいたのですが、右の吹き出しの中の文字
フォントが「新コミック体」に見えた。
だとしたら作った人えらいー!
一般的なまんがのせりふ用のフォントなのです。
って、ああーチロルのテンプレか!なんだ!


といいつつ
わたしはふつうの明朝体を外枠付けで使います。
ほんださんの声は明朝体できこえてきますから。
なんでだろうね。この話題は前にもあったけど
ほんださんだけは明朝体だと思うんですよ。


15040401.jpg

チェロの唐津さんが、ほんださんに負けないぐらいしゃべる。
基本ほんださんがトークをリードするのですが
後半は野放し状態でした。
もちろん横からちょっかいかけてましたけれど。

お二人でそれぞれの留学先(イギリスとフランス)の素晴らしさを
曲もまじえて伝えてくださいました・・・。
でもあまりに情報量が多すぎて、結構忘れちゃってる。
火曜日オンデマンドしたら007の話題が出て
そうだった!その話もあった!と思い出すていたらく。

会場では「弾丸がチェロを突き抜けても弾いてる」って何度も言ってたほんださんが愉快だったなあ。

チェロの音色は、至近距離で聴いても圧迫感がなくて
そっとなでてくような音でした。実態がそこになくて夢の中の音みたい。
きもちよかったなあ。
がるねりとか、よくわかんないけろ(多分、どの楽器を聴いても良いと言っちゃうすみません)


15040402.jpg


ほんださんが用意したワインと
味を比べるために、さいとうさんがカルディで1000円のワインを
買ってきてくれていたよ。
素敵な歌声をきかせてくれた山田さんは
自由なおもしろいお嬢さんでした。

フィンジの曲は、ピアノと歌がそれぞれ独立しているのだそうで
ピアノを聴くと歌うのが難しくなっちゃうんだって。
OTTAVAではバリトンのひとの演奏をよく聴いていたから
ソプラノで聴くと、なんだか不思議でした。
はなやかで、ちょっと春の不安な気持ち。

もっと演奏会でフィンジを聴く機会があるといいな。

***

KIMG1074.JPG

止まれの文字がはなびらで覆われていたよ


KIMG1075.JPG


KIMG1076.JPG


公園も。
きれいだねー。

***

KIMG1072.JPG


コンサートの日、サントリーホールがオープンハウスとかで
無料で演奏が聴ける日でしたので
行ってみました。
公開セッティング、あっというま。
楽器が奈落からあがってきたーっとおもったらてきぱきと定位置に。

鈴木優人さんのパイプオルガンで
目覚めよと呼ぶ声あったとさ。
あんな軽い演奏はじめてきいた。ポップなバッハだった。
お子様たちが多かったから、可愛く弾いてあげたのかー。

横浜シンフォニエッタとの演奏もなんだか可愛かったなあ。
みんなにこにこしてて。
プリンク・プレンク・プランクって、生演奏で聴くのはじめてだったかも。
あのバチーって音、てっきりなにか打楽器なのだと思っていたら
コントラバスの弦を弾いて筐体に当てた音だった!
知らなかった!

最後にやったクラシックのおもちゃ箱という曲
いそがしい!聴く方もなかなかいそがしかったですよ!

詳細をみつけたのでコピペしちゃう。
上田真樹編曲:クラシックのおもちゃ箱 曲目詳細
ベートーヴェン:交響曲第7番
ベートーヴェン:交響曲第1番
ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番
サラサーテ:チゴイネルワイゼン
ベートーヴェン:交響曲第5番(1小節だけ!)
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」より『キャピュレット家とモンタギュー家』
ロッシーニ:歌劇「ウィリアムテル」序曲
ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
ブラームス:交響曲第1番〜第1楽章&第4楽章
ベートーヴェン:交響曲第9番
ブラームス:大学祝典序曲
ブラームス:交響曲第1番〜第4楽章
ラヴェル:ボレロ
ベートーヴェン:交響曲第9番
ラヴェル:ボレロ

ブラームスの1番がいつのまにかベートーベン第九になってるのおかしかった。
コンマスがチゴイネルワイゼン気持よく弾こうとした瞬間にオーボエが割入ってきたり
あちこちで笑わせる要素多くて、楽しかった。


posted by ude at 15:17| Comment(6) | ニッキ
この記事へのコメント

探してみたマイチロル!
けっこう手軽でいい感じ

これは楽しいオリジナル
作れますね。
見つけたスタッフさん素晴らしか!


で 書体は6種類からのチョイス
・キュート
・エレガント
・ゴシック
・明朝
・ポップ
・手書き風
今回はポップかな・・・

作るのも楽し
贈るのも楽し
戴くのも嬉し
三度も美味しいでござる

マイチロル作成
https://www.my-tirol.com/order/mytirol/index.php?task=s1

包装紙を作成
https://www.my-tirol.com/order/mytirol/index.php?task=s2_wrapping_original
Posted by 桜もちろる at 2015年04月10日 18:05
桜もちろるさんへ

2010年の夏の写真です。
http://ude.sakura.ne.jp/sblo_files/truklagooon/image/100807.jpg
プレゼンター二人をデコチョコにしてあるものです。
粗い写真しかなくてすみません。
自分のブログの過去をさかのぼりました。
(はまるんのブログならもっと綺麗な写真もあるかも)
作ってくださったのは、おやつがかりのむぅちゃんです。

あと、「わたくしこういう者です」の中のフォントはいじれません。なので「テンプレか!」と書いたんですよー。
文字も含めてデザインなんです。
サイトで確認したらやっぱ新コミック体に近い・・・!フキダシの中だからそれなんでしょうね、こだわってるー!チロルのひとえらい。

スマイルビスコで「しげる」を作ろうなんて思った矢先にTVで紹介されて三ヶ月待ちっていうこともありましたなあ(結局作らなかった)

デコチョコ、なつかしいなあ。
Posted by ウデ at 2015年04月10日 18:55
ごめんよ〜!画像は撮ってないけど包装紙は取ってある。アップするかのう…


ソプラノの山田さん。

1曲歌い終わったあとで誰からともなく「ジュディ・オングに似てない?」って話が出て、
ワイン・タイムのときに図々しくもおうかがいしたら「よく言われます」ということでした。

私が手を横に上げる「アレ」をしながら「ご存知でした?」ってお聞きすると
「母はよく知ってるんですけど私はわからなくて、結構言われるのでyoutubeで見ました」って
ニコニコしながらお答えくださいました。良い方です。
Posted by はま at 2015年04月10日 19:44
はまるん

わたしも包装紙とってあったかも!って探してるところです。
昔の手帳に挟んであったかなあ〜・・・。
山田さんはノリがよくてかわいくて、もちろん歌はすばらしいし、将来たのしみですなっ。
ワインの栓抜きのぱたぱたするところの真似をしてたのも笑った。
そいえば、コルクがなくなってキャップになってきているワイン事情もさいとうさんが語っていたような気がするけれど・・・忘れちゃった。
あと、B型の話がおかしかったね。
Posted by ウデ at 2015年04月10日 19:59
みんなとってあるのね。えらいなぁ。

作成者本人はすっかり忘れてる(&たぶん捨てたと思う)のに。

次回はアフターパーティまでいたいわ♪
Posted by むう at 2015年04月10日 20:55
むうちゃん

2010年の頃には
まだOTTAVAがこんなことになるとは
思ってなかったなあ・・・。
なつかしいね、コンブリオチョコ。
次は、ワインの時間もごいっしょに〜!

Posted by ウデ at 2015年04月10日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]