2015年10月30日

ベートーヴェンのベストフレンド





ほんださんのOTTAVA MALL、ワインが当たるキャンペーンだそうな〜〜
(わたしもこれから聴くのでどういう内容かしらないのだけれど)

モールのページはこっち

***


こないだの満月

KIMG1446.JPG


KIMG1447.JPG



大きくてきれいだった!
まぶしかったなあ。
なんでか緑がかって写ってしまったわ。


***

お絵かきは先々週の?


151016.jpg


きぐるみが居て、めっちゃピアノうまいと思ったら、ほんださーーん、みたいな。妄想から。
ピアニストに何させるのw
さいとうさんはこういう適当なことを言うのが上手。




そして昨日の

151029.jpg


これね、放送ききながら描いてたので
ほほう、NAOTOさんがサンタね〜・・・って
直後、清塚さんのボイスメッセージが流れた!

で、こうなりました



15102902.jpg



さいとうさんはすっかり気ぐるみではなく
ゆきだるま本体になっておりました。
なんの違和感もなく描いてたので
ツイッタで「気ぐるみじゃない」ってツッコミを貰ってから気付きました。

清塚さんが「NAOTOにーにー」て呼んだうえに
NAOTOさんが「きよぴー」って呼んだので
このふたりの仲良しっぷりがしっかり伝わった放送でした。
そして、さいとうさんは「トナカイ」と言われたときに一瞬本気で嫌そうな声をしたw

後半のハロウィンコーナーではイタコのようでしたが
もうあれはお家芸になってきたね
1人でオペレーションしてるのに上手。
むしろ1人のほうが曲出すタイミングとか調整できていいのかしら。
「練習したでしょうね・・・」というツイが飛び交っておりました。
わたしは、あまでうちゅ君でした。
たのしかった!




posted by ude at 18:42| Comment(0) | ニッキ

2015年10月23日

山田雨月さんのメイキング





メイキング動画って、絵を描かないひとには
飽きちゃうやつもあるんだけど
この動画は細かく筆の動きのカットが入ったりして
最後まで飽きずにみられるとおもいます。
綺麗だし。ただのメイキングっていうよりも、ドラマティック。
たのしい〜〜。
漫勉を見たときも、絵の描き方や順番やルールってないわ!
みんな勝手にやっててそれぞれ発明してるわ!って感動した。
この動画もとても良いです。
何回も「え!今その状態で、えんぴつ!」って思った。

***


読んだ本二冊


『犬は「びよ」と鳴いていた』山口仲美
そもそも日本語は擬音語や擬態語が多いから外国の人が日本語を学ぼうというときに大変、というのは知っていたけれど日本人でも知らないことばがたくさんありました。
虫の音協奏曲が残業から本放送になった木曜サローネで
「鈴虫や松虫の音の聴こえ方は、昔の人はちがったみたい」というメールを読んでもらいましたが
この本が出典でした。ほかにも、昔はこう表現されていたよ、というのが色々書かれて読んでいてとてもカラフルな本だなーと、楽しかった。にぎやかな擬音語や擬態語。
一時期しか使われなかったことばも丁寧に調べられてあって、今使われているものも元々意味が少し違ったり、とか。
「にっこり」は「ニココ」と表現されてた時代があって可愛いな使いたいな!と思ったよ、ニココ。
あとちょっと怖い「コホロ」うまいなあ。物の怪がでてきそうな擬音「コホロ」使いどころが現在の日本だとどういう時なのか〜〜。コホロ・・・。
小野不由美の悪霊シリーズで「コソリ」ていう怖いやつが出てくるのあったけど、これも怖い言葉だなあって思ったなあ。若かったので超おびえつつ読んでたっけ。

『オブリビオン〜忘却』 大石直紀
ミステリーっぽくなかった。
犯人も中盤では予想がついちゃうし。トリックとかはないし。
最後まで読むものかなあ〜どうしようかなあ〜
って、思いながら結局読み終わってしまったのでした。
何が魅力って、登場人物がほんとうにどこかに存在していそうなリアリティをもっていたものだから
舞台が関東というのもあるけれど、すごく身近に感じたりして
そこらへんがおもしろかったなぁ。
「どうしてこんな気持になるのかわからない」と言いながら行動する人物の心理描写がこまやかで
過酷な状況の描き方がつらいつらい。しんどい。
犯人もオチもわかってるのに読ませちゃう文章。すごい。

***

あとは図書館でざっくりと読んで借りてこなかったから正しい本の名前がわからないけれど
茂木健一郎さんのどうやって集中するの?みたいな本からメモ
・お祭りワッショイ型で集中する方法。まずは自分を盛り上げてから。
・トゥドゥリストより脳みそのほうが役立つので、予定表をあたまのなかで整理するのも良いよ。それは朝のほうがいいよ、ルーチンでやることを決めて(ウォーキングとか)脳みそもそこについてくるよ。
・でも補足や忘れ防止のためにリストを使うのも有効。
・「やらないことリスト」もあるといいよ。一旦やらないと決めたらスッキリする。

というようなこと。
お祭りワッショイは、騙されやすい自分にはとても良いかもなあっておもった。
自分で盛り上げて自分を騙して作業をノリノリにする。
もともと予定表は書かない派ですが、この本で脳みそのほうがiPhoneのスケジュール管理よりよっぽど優秀、っていうの読んでから、自信をもって予定表は作らない(締め切りとかはカレンダーに書いてる)
「この日にこれを終わらせた!」を書くノートをつけているのだけれど
達成感があるのでおすすめ。





posted by ude at 19:34| Comment(0) | ニッキ

2015年10月21日

るぱんるぱーん






片目で見たら3Dに見えるっていうツイートと共にまわってきて
挑戦したけれど、あまりわからなかった、がしかし!
かっこいいーーーるぱーん!
カメラワークすごーい。
両目でも片目でもかっこいいもんはかっこいいね!

***


クッションをもらいました。

151021.jpg


とても良い物のはずなのに、きっとその効果を発揮できていなくてただただ尻につぶされてしまっていて不憫、という絵。

んで、この絵を描きながら
毎日使っているこれもそうだなーって思って描いた次の絵


1510212.jpg


外国の人の手用かもしれない。
わたしは主に7つぐらいのキーを使っているのだけれど
これはこれで、やっぱり便利です。
もう無くてはならないものとなりました。


そして、この絵を描いてる時に
むかしのこの絵を思い出しました。
そろそろマスクの季節ですね。

130221.jpg



色々と標準じゃない肉体を持つと不便です。
絵にしてネタにできるのでよしです。


***



友人と友人の子(中1)と、テニスをした。


1510213.jpg


へろっへろ〜〜〜。
テニスラケットをちゃんと持ったのは初めてだったかも。
思ってたより軽い。
しかし、サーブの入らなさよ!
むずかしいねえ、あの四角の中に入れるって。
でも、入らないなりに、ラリーが続いたときの嬉しさや
コートの中を走り回る楽しさは
ストレス解消になった〜。
来週も約束してしまいました。
テニスクラブに入ったそうなので
きっとすぐに私なんぞ相手にしてくれなくなるのだ。
遊んでくれるのは今だけさ。

2時間あそんだのですが
「もっとやりたい!」という中学生の体力は底知れないね。
むりむり。手も足も、すでにぷるぷるしてたよ。


posted by ude at 19:57| Comment(0) | ニッキ

2015年10月17日

アナ雪の原題って「Frozen Fever」なんだ!








この動画は前にも貼ったっけな。
可愛い兄弟演奏
邪魔するところからはじまるのがいいな〜
画面のはしばしに、何回か録り直した痕跡がみえて
それもとてもほほえましいのだった。


***


movemonoの週のお題は「ぱん」だったよ

KIMG1442.JPG


最初はちくわぱんを描いていたのだけれど
それがもう岩にしかみえなくて。ゴツゴツした岩。
20分ぐらい描いたところで全部消してベーコンエピにしました。
白黒の絵で、たべものをおいしく見せるって
むずかしいなー!
ベーコンエピすき。ちくわぱんもすき。




KIMG1443.JPG



二枚目が埋まりました。
週1ペースだからこんなもんです。
来週からあたらしい紙に描きます。



***


フランクル「夜と霧」を読んだよ。
もう図書館に返しちゃったのだけれど
すごい観察力、冷静であろうとする精神力で
何が心の拠り所だったか、支えだったか
人間が飢えたとき、根本は何を求めるか、とかを書き綴ってあった。
なんども同じ表現が出てくるところが恐怖を増長させた。

「どんな権力も、私の過去を奪うことはできない」
という一文をもって、ずたずたになったプライドを
支えていて、ギリギリの場所で凛と立っているこころ。
読んでてしんどかったけど、ずっしり重く動かないものを見た、感じ。

映画「善き人のためのソナタ」を見たあとにネットで検索とかして
この本にたどり着いたので
映画のほうの感想は、次に〜。






posted by ude at 20:20| Comment(0) | ニッキ

2015年10月14日

テスト。








***


最近フォローして楽しんでるアカウント
なまえのとこクリックしてツイッタみると
他にもかわいいGIFがみれるよ
posted by ude at 16:27| Comment(0) | ニッキ

2015年10月12日

かようびともくよびの






151006.jpg



まずは火曜日の。
ゲストが来ると、ほんださんはいきいきとして。
ぴちぴち跳ねるおしゃべり、止まらない駄洒落
コンサートの告知だけじゃなく、音楽を聴く人としてのスタンスも見つめ直せる
三名様とも音楽大好き!っていうのが全面にでてて、良い放送だったなー。
普段そんなにご一緒されていない方々でしょうに、垣根の無い感じ。
新垣さんは、応援に来たはずなのに、相槌役になってて笑った。
相槌がめっちゃうまかった。
でもほんださんと鈴木さんに挟まれたら、なかなかすらすらとはしゃべれないよね。
鈴木さんはもうモールで番組があるので
新垣さんも番組をやってくれたらいいのになあ。
あんまり喋るの得意じゃなさそうだけど。



151008.jpg


一周年から、さらに一週間経った放送でしたが
まだまだお祝いメッセージが多くて、おめでたい感じ。
「ふーしようねー」ってゆったので、描いてしまいました。
来年は、二歳のお誕生日を、みんなでふーしましょうね。


***


最近の自治体はPR動画がおっかしいね、という。

衝撃をうけた、宮崎県小林市
すっかり最後までだまされて見ていたわけです。







次は、おんせん県、大分。
浅い温泉で、どうやって演技したのか!すごい!








シュールすぎて途中怖いぐらいの関市
刃物の町なのですね、しらなかった・・・。
うん、無かったら大変だよね。
美容師役!えらいこっちゃ!スローなのがよけいに怖い。









うどん県はイクケン香川
けっきょく、うどん推しなんだけど!






posted by ude at 21:02| Comment(2) | ニッキ

2015年10月09日

リコーダーとぶらさがった瓶






いつも、フルートと室内楽、ていう演奏で聞いている曲
リコーダー素敵だなあ
てか、バッハの時代は、これだったのかも〜〜〜。


そんで、ぜんぜん違う音楽も



たのしい。うまいなー!
瓶の音程どうやってあわせてるのかな
中に水を入れてたりするのかな〜



***


movemonoのおえかき

お題「食べ物」

KIMG1388.JPG


高級なおつまみ缶詰をもらいました。
あと5個あるけど、開けれてない。なんかもったいないな〜〜〜




お題「家電」

KIMG1393.JPG


大活躍です。
やかんを焦がしましたので、ポット生活にしてみました。
今のところなんの不自由はありません。
早い!べんり!そして、形がかわいい。





お題「袋」

KIMG1394.JPG


これはずーーーーーーっと前に
おやかまっさんにもらった小さい袋。
座敷わらしが刺繍されています。
幸福を呼ぶ座敷わらしよ〜と説明書きがついていたので
本当はお金とかいれたほうがいいのかもしれないけれど
中にはイブと葛根湯がはいっています。持ち歩き用。




お題「時計」

KIMG13931.JPG


5年前にイケアで買った時計。静かに活躍中。
ただ今は机の位置を変えてしまったので
時計を見るためにくるっと振り向かないといけなくて
見る頻度が減った・・・。パソコンの画面の時計見てしまうね。
そんなわたしに関係なく時を刻む。





お題「黒いもの」


KIMG1420.JPG


黒いのに、塗りつぶせないピカピカ加減です。
万年筆は手に馴染んで仲良くなってだんだんお近づきになれる
そんな文房具だな〜。もうすぐ一年。
なんと毎日使っています。





お題「筆箱」

KIMG1430.JPG



本当はメガネケース!
めがねを買うともらえるやつ。
でもペンを入れるのにちょうどいいのだったよ。
幅も高さも奥行きも。
普段はボールペン一本だけを持って出かけるけれど
たまに図書館でなにかを書く時には筆箱ひつよう。


movemonoは、描いたあとに写真をとってツイッタにのせるのですが
描いてるときには気づかないのに
写真をみて「ここが変だな」とか「もっと塗ったほうがいいな」とか
あとになってわかるのです。
これは客観的にみえている、ということなのか
それともただカメラの具合なのか
実際そこで直したりはあまりしないのだけれど(作成時間をもう書き込んでいるから)
なんか違う視点を持てたような気がして
ちょっと嬉しくなるのでした。



***


以下は絵とは関係のないこと、でもどこかで関連もあること。

ライブレポが好きなので検索して読むのだけれど
同じライブのレポートでも、読み続けれられる人のものと
ちっともおもしろくなくて途中でページを閉じてしまう人のものがあって
いつも明確にその差がわからなかった。

語彙がすくなくてもとても楽しく読める文章もあれば
(感嘆符だらけの「さいこー!」が繰り返されても見事に伝わるものもあるし)
全体を通してライブの様子が緻密に書かれてあってもさっぱり楽しくないものもあるの。
図書館でかりた本に
「自分の経験談は、うっかりするとただの自慢話」
っていう一節があって、なるほどなあと思った。

自慢してるだけの文章は
どんな貴重な場面に遭遇していた瞬間をとらえていても
「こんな経験をしたすごい自分」が全面にあってみてられない。
高みから「皆の衆」に向けられた言葉は、届きにくいのでした。
わたしがよく読みに行く好みのライブレポは
だいたい本人が大興奮していて文章はぐちゃぐちゃでも
「誰かにこのことを伝えたい」という使命など無く
「歴史的な場所に立ち会った」とかいう大義名分も無く
こころから楽しんだことを、ただ留めておきたいという
もう「文章」でなく「ことば」として散らばってても
その散らばり具合もライブ感としてライブレポとして立派に成り立っているんだな、とスッキリしました。

ライブレポだけに限らず
世の中の出来事を、一旦自分の視点に落として、欲張らずに
持っていることばの限りで書き綴ることなのですね。
ひとのことばを引用だけするのは、論外で。


posted by ude at 09:16| Comment(4) | ニッキ

2015年10月05日

動画をみっつ






RTでまわってきた綿菓子を作る動画
おもしろい〜〜。
ので、検索してYouTubeでいくつか見てしまった。
はなびらを作るための割り箸の逆側に
その間出てくる綿菓子をくっつけておくのすごい。
あと4色しかないのに、出来上がりの綿菓子はもっと色が多彩なの。


***

OTTAVAモールがどんどん増えていくのは良いな。
さいとうさんもゲスト迎えてのお話は楽しそうだし。
こっちは、まだわたしは聴いてないのだけれど
リンクしとく。









posted by ude at 09:14| Comment(0) | ニッキ