2014年11月30日

パリのクリスマス

KIMG0891.JPG

OTTAVA開局記念コンピレーションCD第三弾
パリのクリスマス、がとどきまして。
CDの写真でもよかったんですが
それはツイッタとかにたくさんあがってるし

・・・ここは、サインを見比べる時期でしょうか!
左上スポンサーシップの
まんなか午後ギターの
みぎはパリのクリスマスの
朝バッハも買ってますが写真にはいらなかった。

そんで、下は、2010年の
漢字よめないあれです。
おもしろいな、CD買うたびにさいとうさんのサインがふえていく。

ささ、ひとりぼっちのひとも
パリのクリスマスがあると
さみしくないよ
(いまいち上手なキャッチコピーが考えられない)
ご購入はこちらからですよ


***

写真など

KIMG0889.JPG

うちの前の道路はものすごい落ち葉洪水っす。
昨夜はまた霧がすごくて!
ホラーゲームみたい!キャッキャと歩いてました。

ずっと前にもらったフェイスパック
おもしろいデザインで
歌舞伎風だったり
虎だったりパンダだったりするのよ

KIMG0796.JPG

KIMG0795.JPG

友人宅でお互いの顔をみながらゲラガラ笑ってパック。
これは一人でやるより、誰かとやるフェイスパックだ、と思って。
たのしかった〜〜。

説明書きも凝ってた。

KIMG0797.JPG

KIMG0798.JPG

自分では買わないもの、もらえるとうれしい。
小学生も(パックなんて必要ないぐらいぴちぴちお肌ですが)
一緒に歌舞伎役者になってました。
おもしろくて、笑いすぎてパックの意味はあったのかどうか。

すっぴんで会える関係じゃないとなかなかできないのでしょうね。
普段からお化粧しないので、わたしはいつでもウエルカムです。

***


画期的!
でもバターは小さくカットして冷凍してるからひつようないっ
一度ぐらい使ってみたーい。

そいえば、バターはほんださんがオススメで出してましたね。


うふふ、高い。


posted by ude at 21:13| Comment(3) | ニッキ

2014年11月24日

昨日今日のOTTAVAと2012年のこと

昨日、ドメニカが流れなかった件で
ツイッタでは大騒動になっていました。
わたしは最初
そんな騒動にはならないだろうと思いました。

なぜなら前にも似たようなことがあって
あのときは何事もなかったかのように進んだから。
オンデマンドすら途中からしか聴けない結果で
一人喋ってた本田さんがとにかく気の毒であったけど。
お詫び文なんて出なかったと思います。

でも、今回は色々なツイートが飛び交って
お詫び文が出た後にも、まだ気持ちが静まらない方々もいる。
不安の中にリスナーが居る。

前と何が違うのかなってちょっとさかのぼりました。
ひっぱりだしてきたのはこれ

201211212.png


ほんださんが
流れていない音声をできるかぎりツイートしてたのでした

・すぐに公式から(個人の発言だとしても)アナウンスがあったこと
・誰も「OTTAVAがなくなる」とか思ってないこと

だから、安心して待っていられたのかもしれません。
さっき、はやしださんは
「今回のトラブルで、個人ではすぐに動けなかった」と放送でお話なさっていた。
流れていないことに気づいても、個人のアカウントでは何も言えないと。

TBSっていう大きなところから
ちいさな放送局になったのに
身動きが取りづらくなっているように見えます。

個人アカウントでも、発信していいんじゃないかな。
最初でリスナーを安心させていたら
大騒動にはならなかったんじゃないかなーって思いました。

ツイートひろってきたついでに
その日のフレスコ時間帯のものスクショ
(クリックしたら下から読むですよ)

20121121.png


今は、OTTAVAに対しての不安が重いのかも
また無くなっちゃうんじゃないかとか
希望していたような放送じゃないかも、とか
そもそも、リスナーが大声で休止を嘆いたから
次が決まっていたひとたちを
OTTAVAにつなぎとめてしまったんじゃないか
とか。

見えない部分が大きいと不安もつのるね。
安定した放送が続いたら
きっと前の時みたいに
どっしり構えて、待っていられる。

なんでもこい。
(でも、とっとと楽曲リストを直してください)




posted by ude at 20:23| Comment(5) | ニッキ

2014年11月20日

朝焼けと葉っぱとクリームパン

KIMG0886.JPG

今朝の空。朝日はまだちょっと見えないけれど
雲にうつった色が綺麗でございました。

その後、外を掃いてたら

KIMG0887.JPG

ハートのはっぱが。

こどもの頃、ハートは嫌いだったなあ。
ハートマークは幼稚って思ってた(いやなこどもだ)
ワンポイント的についてるのも、無ければ素敵なのにって思ってたなあ。

今は、沢山の落ち葉の中から
これピンポイントで見つけるぐらいになるのだから。
ハートマークはそこそこ好きです。
そのモチーフの何かを買おうとはおもわないけれど
ハートマークは便利なんです。
絵をかくときとかに。
お手紙を書く時とかに。

***

さっき、さいとうサローネきいてましたら
パンの話がでてましたね!
びまじょのみなさま、ごちそうさまでした・・・

KIMG0872.JPG

なんかね、きくところによるとね
わたしが書いたアイコンを
パン屋さんにもっていったそうですよ。
でへへへ。
絵使用料、といってパンもらった。
うれしかった。おいしかった。がぶがぶたべた。


もうひとつおやつ写真
KIMG0881.JPG

さむい時期しか見かけない
これ、去年はオレンジが入ったチョコのやつだったとおもうのだけれど
これもいいけれど、オレンジのやつまたたべたいな。


posted by ude at 22:01| Comment(4) | ニッキ

2014年11月16日

いまごろ、、、な動画



ガラ・コンサートが終わってから
ツイッタでヒレさんがつぶやいてた、この動画。
いまごろ!こんな!っておもったけど
かわいらしいおでこが8:50も見れるので
あと、ほんださんを褒めているので
良い動画だとおもいますよ。

ガラ・コンサートお絵かきをあと一枚、、、
と思っているうちにもう一週間が過ぎてしまった。
あれー。

KIMG0873.JPG

さいとうさんに
「好きな漢字」を書いてもらったら
「休」だった。
べつにいいですよ。
「誠」とか書かれても「うそつきー」って言うだけであるよ。
しょうじきでよろしい。




posted by ude at 22:00| Comment(4) | ニッキ

2014年11月14日

霧の写真とか

KIMG0877.JPG

昨日の朝はものすごい霧だったのですよ。
お洗濯ーって窓あけたら、なんか世界が遠い感じ。
あれ?遠い?夢っぽい?
って、思いましたが現実でした。霧でした。
写真とったけど、つたわらない。。。ふつうに見えるね。

KIMG0878.JPG

もわーん。
は。ガスがかかるってこういうこと?

KIMG0879.JPG

太陽がでてきても、まだまだガスガス。
電車も遅延するほどだったそうで
めったに見れない濃霧の中、ちょっと外歩いたりしてました。
おもしろい〜霧っ。

KIMG0880.JPG

これは昨日、八百屋さんで買ってしまったおいしい餅・・・。
中に芋ペーストが巻かれてます。
どっしり食べごたえあります。めっちゃおいしい、きっとハイカロリー!
八百屋さんにこんな罠があるなんてしらなかったわ。

KIMG0871.JPG

ガラ・コンサートのポスター撮ったんだった。
放送されるの楽しみです。

今朝かかってた
ヘンデルのヴァイオリンソナタ Op.1 〜第13番 ニ長調 第1楽章
これ、第一楽章だけ、超すき。さっきからずっとそこだけ聴いておるです。
こうやって「いいとこだけ聴く」をおしえてくれたOTTAVAなのである。
うむ〜〜〜いいなあ〜〜〜。


posted by ude at 21:23| Comment(2) | ニッキ

2014年11月09日

OTTAVAガラ・コンサート!

金曜日に帰宅して
おもいのたけをツイッタでのべてしまって
(感じたことをさっさと吐き出すには便利だな、ツイッターは)
結局ブログにはこういうのしか
アップできないんですが

141107.jpg

OTTAVA開局おめでとう。
なんどでも言うわ、おめでとう。

村田恵理子さん、柳瀬大輔さん、そしてピアノほんださん。
わたくし、雨だれカンタービレから、この御三方で聴くの、三回目。
でもまた新しい発見があるのでした。
ミュージカルの声って、表情がくるくると変わって、たのしい。
おきゃくさんをいかに「のせる」かが勝負みたいな。
聴いてるひとと触れ合って、手をとっていってくれるような声。

そのあと聴いたオペラのお声は、相対していうと
触っちゃダメな展示品、とくべつなやつ。
うつくしくて、呼吸もとまるような歌だった。
鷲尾麻衣さん、与儀巧さん、そしてピアノほんださん!
鷲尾さんと与儀さんがワルツを踊ったのは、かわいかった。
ちょっと照れがあったようにみえた。
美しい芸術品も「ひと」なんだよーっていう一瞬がみえた。

NAOTOさんの演奏は自由で羽ばたいてた。
でもきっちり抑えるところひろげるところ、メリハリあって
ポップスっていうけれど軽く聴けるものではないなっておもった。
知ってる曲が形を変えてでてくるのって大好き。
(オペラ曲のギター変奏曲とか)なので
バッハがとってもよかったな。
NAOTOさん作曲のは、歌詞がついて歌えそう。
メロディーがおぼえやすい。耳にのこる。
気持よく歌えそうっておもいました。

ここむじか、あんなにOTTAVAから流れてくるのを聞いているのに
はじめて生演奏を聴いたのであった。
ゲレンさんのサンシンの音は
わたしが知ってるサンシンの音とぜんぜんちがう。
余韻がかるくて、カラフルな弾むボールみたい。ぽよんぽよん。
大きいホールだったからかな。
近くで聴いたらまた違うのかもしれない。

福間洸太朗さんは、コンサートのオープニングでも演奏してくださった
ほんださんも!(どんだけだよ!)
二人でフィガロの結婚の序曲。
プログラムになかったから、びっくり。
スタスタスタと二人で出てきて
椅子をクルッと縦にして座る(素早い)
みんなが驚いている間に曲がはじまって連弾!!!
むむむむずかしそぅ〜〜〜でもたのしぃー。

福間さんの火の鳥は、背後にオーケストラ背負ってたかもしれない。
すんごい情熱、ド迫力。
気持ちがついていくのに忙しいw
アスリートから得るような感動をピアニストからももらっちゃうんだなあ。
かっこいいなあ。

そしてまたほんださんが出てくるんですけど(心配になるわ!)
二台のピアノって、結構離れてるとおもうんですよ
よくばっちりと合わせられるなあ。すごいなあ。
さすがコンセルヴァトアール兄弟。
(ほんださんは「私はコンセルバカトワール」といってましたがw)
押し押しのコンサート、ピアノ二人が捌けないままアンコールに突入
ラデツキー行進曲でしめくくり・・・ですけど
さいとうさんが客席を走り回ってオモチャの楽器を配ってました。
ああ、放送で言ってたのはこれかw
「鳴り物をもってきてください」って。うん。
わたしはラッパをもらって、吹いてましたよ。

KIMG0874.JPG

(終演後さいとうさんにサインもらった)

華やかにあふれる音楽の中に居るのに
ふと4月の休止ニュースがあった頃のことを思い出してしまったりして
その後の6月までの日々、試験放送のひやひや(すごかたよね)
10月からの本放送のありがたさを実感して
OTTAVAが開局してくれて、ほんとによかったなぁっておもいました。

こうやって11月を過ごせるとは、4月の時点で想像してなかった。
お久しぶりのお顔も、あのひとも、このひとも
お祝いしているのがうれしい。
TBSのひとたちもたくさんきてた。
みんな、それぞれの立場で、祝っている。

開局おめでとう。
(でも、とっとと楽曲情報直してください)

posted by ude at 23:36| Comment(5) | ニッキ

2014年11月07日

ほんださんの記事と味噌せんべい

KIMG0858.JPG

おみやげで貰った味噌せんべい。
かわいいねずこん。
キョウレツなゆるいひとたちが蔓延っている中で
こういう素朴なキャラは、なかなか良い立場だろうな・・・。
あ、キョウレツな方も好きですけど。

***

ほんださんのコラム。こんなのあったんですねえ。
秋はクラリネット、ききたくなります。
ほんださんは、お話も文章もとても上手。

***

昨日のさいとうサローネは、おしまいのほうは聴けてないのですが
さっきツイッタをみたら、チケット予約を延長してたりで
もう、ギリギリまでなりふりかまわず!という感じ。。。
ああもう、今日どうなるんでしょう。
だいじょうぶかなあ。こわいなあ。

復興コンサートのときも、今回も
こんなにリスナーに心配されるのってないよ。
ひやひやよ。
つみづくりなラジオ局っ

(しかも、昨夜はサローネ後無音が続いたそうで・・・みんな、心配するよね)

そいでも、好きだから聴いてしまうのさ。




posted by ude at 07:27| Comment(0) | ニッキ

2014年11月06日

きのうの

KIMG0867.JPG


昨日の、後の十三夜。
きれいかった〜〜〜。
雲にかくれたり、スサーーーっと出てきたりした。

***

思考の癖ってあるんだなーって実感しているこの頃でありんす。
違う出来事に出会っても、おなじような考え(結末)にもっていってしまう。
自分の怒りの癖を覚えてそこに何がかくれているのか
そう考えるきっかけになった記事


全部の怒りの原因が「そこ」だとはおもわないけれど
怒ってるだけじゃ、なにも見えないので。
たくさん種類のある感情に、ふたをしないで
ゆっくりほどいてゆく作業は、健康にもいいとおもいます。

だって、怒ると疲れるじゃん。
無闇に怒ると疲れるー。


posted by ude at 07:37| Comment(0) | ニッキ

2014年11月03日

あと、動画ふたつっ


ガラ・コンサート、だいじょうぶかなあ。埋まるかなあ。



はまるんとこから見にいった動画
なるほどなあ!
ボレロ、ぴったり。
静かに力強く大興奮ですよ。


posted by ude at 18:54| Comment(4) | ニッキ

コンサートと映画と

141024.jpg

もう日が経ってしまいましたが。
10/24 Save Tohoku Charity Concert "prayer" vol.24
Marimba de TANGO !?
ドイツ語福音教会

ピアノの近くの席だったので
うつくしい姿にうっとり・・・するけど、ハードだな!タンゴって!
ピアノがゆっさゆっさゆれてて
マリンバのまきしやんさんも、いつもよりずっとアクロバティック
はげしかったー!

ガルデルの想いの届く日は、ギターのばかりきいていたので
マリンバの響きにも合う。とてもすてき。
OTTAVAではものすごくおなじみな曲ですが
そいえばコンサートであまりきいたことないかもーって気づいた。
アルベニスのタンゴ、大好き。
帰り道はずっとこの曲が頭の中流れていました。

休憩時間に、ホットワインをいただいて。お腹ほかほか。
次は3月予定とのこと。ヴァイオリンとハープ。
詳細はこちらに出るのかな。


***

昨日、映画みてきたよ。
アルゲリッチ

141103.jpg

(絵をクリックしたら文字もみえるとおもいます)


アルゲリッチのドキュメンタリーということでしたが
わたしには、娘の記憶を綴った映像に見えました。
こどもが
なんで父や母にカメラを向けるかってそんなの
「こっち見てほしいから」だとおもうんです。
なんで撮るの?って、問いかけるシーンですっごく胸が詰まりました。

自由で突飛なおかあさん(たまにあかちゃんみたいになるし)
真面目で不器用なおとうさん(めったに会えないし、会っても慣れるまで時間かかるし)
こっちみて、わたしに笑って、って愛情を渇望する
そんな想いがあふれた古いフィルム
力強い母の演奏
慈しむような父の音楽
途切れそうで続いていく家族
出産して満たされて、でもまだ欲していて
その視線(カメラ)の先には、70歳で堂々たる母の姿がある。
ステファニー・アルゲリッチさん(娘、監督)のほしいものがぱんぱんに詰まった
そんな映画でした。

音楽、とってもよかったなー。
エンディングがいちばん響いたよ。

あと、本番前のナーバスな姿は
音楽を産む苦しみが遠慮無く映されてて
幸せじゃないのかなあって思ってしまった。
コンサート、聴いてるほうは幸せですみません。


posted by ude at 18:19| Comment(0) | ニッキ